千葉県の事なら 千葉チバーズ

県政・県名の由来

千葉県旗とその中に描かれる県章

県章

県章は、カタカナの(チ)と(ハ)を図案化したもの。(1909年(明治42年)12月28日制定)

県旗

県旗は、中央に県章を配し、地は希望と発展を表す空色、マークは菜の花の薄黄色で縁取ったもの。(1963年(昭和38年)7月29日制定)

県の歌

鈴木弥太郎作詞、長谷川良夫作曲。(1964年(昭和39年)制定)

県の花

県の花は「なのはな」。1954年(昭和29年)4月にNHKが一般に公募した。正式には決められてはいない。

県の体操

県の体操はなのはな体操と定められており、高齢者向けや児童向けがある。

県のロゴ

ひらがなの「ちば」を元にデザインしたロゴ。「縦書き」「横書き」があり、それぞれに「白地に色文字」「色地に白抜き文字」がある。また、ひらがなにローマ字(CHIBA)併記のものもある。2006年(平成18年)11月2日公表。

(引用:Wikipedia)